仲間たちと助け合えたこと。
そうした体験が今の自分を
作り上げてくれたと思います。

大友 優

1期生(2011年度卒業)
勤務先:ANAウイングス株式会社 (福岡乗員室勤務)

私は小さな頃から飛行機大好き少年でした。高校卒業を控え、進路を決める頃にはどうしてもパイロットになりたいという夢が膨らみ、ならばその方面を学べる大学をと思い、いくつかの選択肢から、全寮制でとても密度の濃い学びを行っているという桜美林大学を選びました。入学してから感じた桜美林大学の印象は、キャンパスでの外国人との交流も多く、国際的な学校なんだな、ということでした。
フライト・オペレーションコースはパイロットという同じ目標を持つ者が集まる場所のせいか、あっというまに仲間意識が芽生えました。それは2年次からの海外での厳しい操縦訓練が始まってから、よりいっそう強くなったと思います。私たちの場合、周りにはアメリカ人が多く、皆気さくでいい人間ばかりだったのですが、やはり同じ桜美林の仲間たちで助け合い、励ましあえたことが大きいですね。
現在、ANAウイングスというエアラインで、B737ジェットの副操縦士として日々緊張の毎日ですが、ここまでこられたのも大学で得た資格と、先生方に教え込まれたあきらめない気持ちがあってのことと思います。これからの目標は機長になって、多くのお客さまに安全で快適な旅を楽しんでもらうこと。頑張ります。

カウンセラー制度のおかげで
海外でも安心して学ぶことができ
夢をかなえることができました。

鈴木 摩衣

1期生(2011年度卒業)
勤務先:スカイマーク株式会社 (東京都)
(クルー管理部乗員管理課 B737副操縦士)

学生時代を振り返ってみると、同じ目標を持つ仲間と日々切磋琢磨したことが忘れられません。困った時もお互いに支え合い、ともに暮らした仲間は一生の財産です。渡航先での授業やフライト訓練では、自分の力で判断し、伝達する場面が多く、自分の意見をきちんと伝える力が身につきました。海外の生活に戸惑うことがあっても桜美林大学の教員が現地に常駐してくださるので安心です。生活での悩みなども気軽に相談できるので、学習に集中できました。操縦訓練自体はとても楽しく、特に初フライトは長年の夢が叶った瞬間でもあり、どんなに言葉を並べてもあの時の気持ちをすべて表現することはできません。私の最終目標は、後輩たちをサポートする、いわば教官です。そのためにも多くの経験を積んで、将来機長になっても学ぶことを忘れず、周囲から頼られる存在になれるようがんばります。

はじめてのフライトの感動を
忘れることなく、次の目標に
向かっていこうと思います。

山崎 葉平

1期生(2011年度卒業)
勤務先:ANAウイングス株式会社 (福岡乗員室勤務)

高校時代はラグビー部に所属し、スポーツ好きではありましたが、語学などの勉強には自信がある方ではありませんでした。そんな私が国際人になりたいと思い、やがてパイロットを目指すことになるとは、自分でも意外であった気がします。受験に当たっての難関、英検2級レベルの英語からして苦労しましたが、どうにかクリアし、晴れてフライト・オペレーションコースの一員となりました。海外での飛行訓練では、思いのほか教官が優しく丁寧なのに驚きました。いろいろ苦労もありましたが、はじめて操縦桿を握ったときの、あの景色が一気に広がる感動は一生忘れられません。
現在、ジェット機(B737)の副操縦士をやっていますが、航空機の操縦資格はプロペラ・ジェットの区別ということではなく、重量に基づき、皆それぞれのエアラインで上級機の操縦資格を徐々に取得し、キャリアアップしていくことになります。桜美林ではじめに体験する単発機での訓練は、中・大型ジェットにもつながっているということになります。それぞれ目指すものはあると思いますが、桜美林は本当に面倒見がよく、可能性を開いてくれる場であると思います。