実技訓練レポート

  • 2015/6/23

    【NZ】「ファーストソロを終えて」 6期生 長瀧矢永子さん

    雲一つない青空

    雲一つない青空

     2014年12月15日からフライト訓練が始まり、約1ヶ月後の1月8日に1st soloを終えました。訓練を始めた当初はソロなんてまだまだだと思っていましたが、気が付くとあっというまの1ヶ月間でした。ソロの前のチェックフライトでは、初めて一緒に飛ぶ教官ということもありすごく緊張していましたが、いざ飛行機に乗り込みいつものようにチェックリストを進めていくと、緊張もほぐれリラックスしてフライトをすることができました。平常心を保ちながら挑んだソロチェックは約40分のフライトで、空港の上空を5周ほど飛行して終えました。チェックフライトが終わり、着陸後に教官が”she will continue her first solo”とタワーに伝えた時は嬉しい気持ちでいっぱいでしたが、いざ教官が機体から降りて一人になると嬉しいというよりも不安の方が大きくなりました。これからこの機体を1人で安全に操縦しなければいけないと思うと自然と緊張感が高まり、気がつくと何度も確認作業をしていました。ソロでは空港の上空を1周のみの飛行でしたが、いつも隣に居てくれるはずの教官がいないということもありとても長く感じました。ソロでの飛行はまだまだ改善点ばかりですが、私なりに今までで一番良いフライトができたと思います。飛行機を降りて教官に”well done”と言ってもらえた時はとてもホッとしました。
     今私がこうして訓練に取り組めているのは、いつも支えて下さる先生方、インストラクター、母、同期のみんなのおかげだと思います。これからもこの1st soloの感動と感謝の気持を忘れることなく訓練に取り組みたいと思います。ありがとうございました。