パイロットへの道 2年次 基礎をマスターし、フロリダ州へ

Semester3 2年次春学期 操縦法に関する知識を習得 資格取得の受験対策 英語学習のラストスパート

フロリダ州での訓練に向けての高密度な学び ー飛行訓練装置を体験ー

シュミレーター画像

この時期に「事業用操縦士」および「計器飛行証明」の学科試験合格を目指します。この2つの資格取得に際しては、専門知識を有した特別講師を招いて受験対策をサポートしていきます。
また、フロリダ州渡航に向けて、英語コミュニケーション能力やアビエーション英語能力のレベルアップを経験豊かな教員がサポートします。
さらに学内にあるFTD(※)を使用した飛行訓練が用意されています。この授業では、教員からマンツーマンでの指導を受けながら、日頃から疑問に思っていることを解消したり、実機と同様な感覚で体感したりすることができます。

飛行訓練装置を使用した訓練の様子

※FTD:Flight Training Device
実際の航空機と同じ操縦装置を備え、スクリーンにはフライト時と同様の景色が映し出される飛行訓練装置。本コースでは実機訓練で使用する機材と同じDiamond社製のDA42FTDを使用。国内キャンパスにいながらにして、疑似操縦体験ができ、技倆修得を早めます。

取得を目指す資格 事業用操縦士(学科) 計器飛行証明 TOEIC®※ 650点以上

※ TOEIC® is a registered trademark of Educational testing Service(ETS). This publication is not endorsed or approved by ETS.

Semester4 二年次秋学期 フロリダ州へ渡航 英語力のブラッシュアップ はじめての単独飛行を経験

L3(CTS)エアラインアカデミーでの訓練

アメリカ合衆国フロリダ州サンフォードにある「オーランド・サンフォード国際空港」内のL3(CTS)エアラインアカデミーは、広大な敷地の中にFTDを初めとした近代的な設備と機材を備えており、効率的な訓練環境が整っています。L3(CTS)と本学の提携にもとづき、学生はL3(CTS)のインストラクターおよび駐在している本学教員の指導の下、「桜美林大学フライト・トレーニングセンター」訓練生として、徹底した訓練を受けていきます。
ライセンスへの最初のステップはFAA「自家用操縦士」の免許取得です。訓練は単発機を使った教官同乗による操縦訓練からはじまり、その後、最初の難関の単独飛行へと進みます。今まで身につけてきた知識と技倆および判断力が試される時です。

※ FAA(Federal Aviation Administration) : 米国連邦航空局

厳しくもていねいな教官の指導のもと、はじめての単独飛行に向けて操縦訓練と座学に明け暮れる日々が始まります。貴重な時間を仲間とともに過ごし、一生の内でも忘れ得ない初フライトへと進みます。

取得を目指す資格 FAA自家用操縦士免許 フロリダ州施設のページへ 3年時の学びへ