Topics

  • 2016/5/23

    アリゾナ訓練中の7期生が訓練先施設より表彰されました

    賞状を持っている学生のうち、左が石森さん、右が杉本さんです

    賞状を持っている学生のうち、左が石森さん、右が杉本さんです

    アリゾナで訓練中の3年生(7期生)の石森佳孝さんと杉本九哉さんの二人が、航空業務において適切な意思決定を行い、訓練委託先のCTC(Crew Training Center)の安全文化の推進に貢献したとしてHead of TrainingのPaul Taylor氏から表彰されました。

    2016年4月、石森さんの訓練飛行に杉本さんが同乗したときの出来事です。
    飛行終了後に二人はTechnical Log Book(搭載用航空日誌)に記載されていない不具合があることに気がつき、安全担当教官に報告すると共に、状況を確認して不具合を日誌に記載しました。その結果、当該機には適切な整備処置が実施されました。

    これは両名の日頃の安全意識に基づくCRMスキル(※)の発揮であり、こうした行為を当然のこととして実施できる学生が育っていることは大学として大変誇らしいことです。

    ※CRM:
    cockpit resource managementの略語。
    コックピットで得られる人的資源(リソース)を最大限有効活用し、安全で効率的な運航を実現するための訓練方法、運航のこと。