• HOME
  • ニュース
  • 2017年
  • パイロットを志す学生のための奨学金「未来のパイロット」創設

パイロットを志す学生のための奨学金「未来のパイロット」創設

2017年11月29日

(前列右から3人目)佐藤東洋士 桜美林大学総長
桜美林大学などパイロット養成を行っている私立大学等の民間養成機関が、パイロットを志す学生が経済的負担によりその夢を諦めることのないよう、一般社団法人航空機操縦士育英会(以下、「操縦士育英会」)を設立し、新たな奨学金制度「未来のパイロット」を創設することで支援することになりました。

11月28日(火)、国土交通省で行われた発表記者会見で、操縦士育英会の代表理事を務める桜美林大学の佐藤東洋士総長は「平成26年から関係者間で協議を続けてきた奨学金制度とそのための社団法人設立をご報告できることになりました。まずは年間25名程度への支援から始めますが、航空機の安全運航を担う優秀なパイロットを多数供給して、今後の拡大にもつなげていきたいと思います」と語りました。

 

(一社)航空機操縦士育英会 報道発表資料
国土交通省 報道発表資料

ページの先頭へ